Apr 10

2019年4月よりモダンイングリッシュ小野原校内にて、英検の試験対策を行います。

レッスン日は火曜日。英検3-5級は16:30-17:20、英検準2級は17:30-18:20です。

開講日は毎週ではなく、翌月の開講日は、前月の15日までに校内掲示板とブログにて告知します。
4月の開講日は16日と23日、5月の開講日は14日と28日です。

このクラスは、いつものジェイコブ先生のレッスンのオプションとして追加で受講いただくコースです。
在校生のみ対象です。

オーナー長安がこの英検の試験対策クラスを担当します。

高校入試においては内申への影響、大学入試では特に推薦・AO入試において点数加算、応募条件、Computer Based Test(パソコンで受験)も始まり、英検は今後も存在感を増して行くと考えられます。
1年を通して、穴埋め・長文・リスニング・作文・面接と満遍なく指導して行く予定です。

開講、楽しみにしております。

Tagged with:
Mar 26

onohara_mar26“Don’t worry, you’re not late. You’re right on time! I was just a little early.” 「大丈夫よ、遅刻じゃないから。時間通りよ!私のほうがちょっと早かっただけ。」

On timeとは予定通りの時間です。遅くも早くもありません。

If you are “on time”, you arrive at the time that was planned.

“Sorry I’m late! Am I in time to see the trailers?” 「遅れてごめん!予告編まだ?」
“Yes, you only missed the ads.” 「大丈夫よ、まだCMしか見逃してない。」

On timeより遅くてもin timeはありえます。例えば、待ち合わせには遅れたが、電車はまだ出発していませんからin time for the trainです。または、学校の演劇の始まりは見逃したが、まだ自分の子供の出番ではない。

You can be too late to be “on time” but still arrive “in time” for something. For example you’re late to meet your friend, but the train hasn’t left yet. Or you missed the beginning of your child’s school play but not the scene that your child is in.

早すぎた場合on timeとは言えませんがin timeは余裕で言えます。

Also, if you are very early, you’re not “on time” but you are definitely “in time”.

Tagged with:
Mar 15

3月3日(日)に小野原 多文化交流センター(小野原図書館)の2階講座室Bにて
体験教室を行いました。
当日の様子です。

IMG_0224-minIMG_0223-min

 

IMG_0221-min

 

IMG_0216-min

Tagged with:
Jan 29

onohara_jan29“I don’t really want to leave the house today. I’m a little tired.” 「今日はあまり家から出たくない。ちょっと疲れているんだ。」
“I really don’t want to leave the house today. I’m exhausted, and the weather’s terrible.” 「今日はすごく家から出たくない。めっちゃ疲れているし天気もひどい。」

「Really」の位置を変えることで文の意味が変わります。「I don’t really want to」は好みを示していますが、さほど強くはありません。家にいたいけど出かける必要があったら出かけます。「I really don’t want to」はとても強い好みを示します。お願いだから家にいさせて。絶対に出かけたくない。

By changing the position of ‘really’ in the sentence, we can change the meaning. “I don’t really want to” shows a preference, but it might not be that strong. I would like to stay home, but if I need to go out, I will. “I really don’t want to” shows a much stronger preference: Please, please don’t make me go outside.

Tagged with:
Nov 20

onohara_nov20“I have a few books.” 「数冊の本があります。」
“I have quite a few books.” 「かなり多くの本があります。」

Fewは「少ない」という意味なので、quite a fewは「かなり少ない」という意味になるでしょうか?いいえ、実はquite a fewは「たくさん」になります。Manyと大体一緒なくらいですが皮肉でさえなければvery manyよりは少ないです。

“Few” means “not many”, so would “quite a few” be the same as “very few”? No, “quite a few” is actually closer to “many”. However, it’s still less than “very many” (unless the speaker is sarcastic).

Tagged with:
Sep 25

onohara_sept25“Hold on a minute. I’m not ready!” 「ちょっと待って。まだ準備ができてない!」
“Hold off on buying the tickets until I find out how many people are going.” 「チケット買うのはちょっと待って。人数を確かめるから。」

Hold onとhold offは反対語のように聞こえますが、ここではほぼ同じ意味で使われています。Hold onは、川で小舟に乗っていると想像しましょう。船着き場に繋がれている時はまだ動き出しません。Hold offの場合は、友達が置く場所を準備している間何か重いものを持っていると想像してください。準備ができるまで持ち上げていないといけません。

“Hold on” and “hold off” sound like opposites, but here they mean almost the same thing: wait! For “hold on” imagine riding in a little boat on a river: if you hold on to the dock, you won’t start moving yet. For “hold off” imagine you are holding something heavy while your friend makes a place for it. You must keep holding it up until your friend is ready.

Tagged with:
May 15

onohara_may15The amusement park was closed because of the blizzard.” 「吹雪のため、遊園地が閉店となりました。」
“Due to the accident, the trains were delayed.” 「事故のため、電車が遅れました。」
“The kids missed several days of school on account of the flu.” 「インフルエンザのため、子供たちが数日間学校を休みました。」

名詞フレーズ(吹雪、事故、インフルエンザ)を使って何かの原因を言ういくつかの方法です。

These are three different ways to say the cause of something, using a noun phrase (the blizzard, the accident, the flu).

Tagged with:
Mar 06

onohara_mar6“I just finished my painting. How does it look?” 「今描き終わった絵だよ。どう?」
“Are you finished with my bicycle? How does it look? Do you think you can fix it?” 「自転車をもう見てくれた?どう?直せそうですか?」
“Your bicycle is missing? I’ll help you look for it. What does it look like?” 「自転車がなくなった?一緒に探してあげるよ。どんな?」
“Your cousin got a new dog? What does it look like?” 「従妹が犬を飼い始めた?どんな犬?」

「How does it look?」は聞き手が何かを見た時の判断を求める質問の仕方です。「What does it look like?」は話し手には見えないもしくは区別できないものの見た目の説明を求めます。

“How does it look?” asks for a judgment based on looking at something that the listener sees. “What does it look like?” asks for a description of something the speaker can’t see or doesn’t recognize.

Tagged with:
Jan 09

onohara_jan9“The baseball game was canceled because it rained.”
“The baseball game was canceled because of rain.”
野球の試合は雨のためにキャンセルされました。

二つの文はほぼ同じです。二つ目の文では、「rain」が名詞なので「because」の後に「of」を入れます。一つ目の文では、「rained」は動詞です。「It rained」だけで文として成り立ちます。この場合は「of」を使いません。

These two sentences are almost the same. The second sentences uses “of” after “because”, because “rain” is a noun. In the first sentence, “rained” is a verb. “It rained” could be a sentence by itself. In that case, we don’t use “of”.

Tagged with:
Oct 31

onohara_oct31“It was John who left the door open!” 「扉を開けっ放しにしたのはジョンだ!」
“I talked to the man who left the door open. He won’t do it again.” 「扉を開けっ放しにした男と話した。もう二度としない。」

どちらの文もジョンという男が扉を開けっ放しにしたということを関係詞節で表せます。でも、一つ目の例文は、誰が扉を開けっ放しにしたのかを伝えることが目的の文です。ジョンだったんだ!誰がやったのかがわかった!二つ目の例文では、誰が扉を開けっぱなしにしたのかを知ってワクワクするわけではありません。もうすでに知っているのではないでしょうか。

Both sentences use a relative clause to show that a man (named John) left the door open. However, in the first sentence, the main point is to say who left the door open: It was John! The mystery of who left the door open has been solved! In the second sentence, it’s not very exciting to find out who left the door open. Maybe we already knew who it was.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: