Jan 29

onohara_jan29“I don’t really want to leave the house today. I’m a little tired.” 「今日はあまり家から出たくない。ちょっと疲れているんだ。」
“I really don’t want to leave the house today. I’m exhausted, and the weather’s terrible.” 「今日はすごく家から出たくない。めっちゃ疲れているし天気もひどい。」

「Really」の位置を変えることで文の意味が変わります。「I don’t really want to」は好みを示していますが、さほど強くはありません。家にいたいけど出かける必要があったら出かけます。「I really don’t want to」はとても強い好みを示します。お願いだから家にいさせて。絶対に出かけたくない。

By changing the position of ‘really’ in the sentence, we can change the meaning. “I don’t really want to” shows a preference, but it might not be that strong. I would like to stay home, but if I need to go out, I will. “I really don’t want to” shows a much stronger preference: Please, please don’t make me go outside.

Tagged with:
Jan 25

playing inside教室でのヒント

Hello Songの後に、このストーリータイム動画で1ユニット6のボキャブラリーとターゲットランゲージを紹介します。動画の前にピクチャートークで生徒が何に気づくか見てみましょう。動画のあとは、ユニット6のチャントをしてから、レッスンプランに従ってフォローアップアクティビティーをします。3または4回目のレッスンで判じ物パズルのようなアクティビティーができるはずです。先生が絵を指して、生徒と一緒にストーリーを語ります。先生が導いて、生徒が言える単語を指しながらその間を埋めます。Look! It’s(キンカを指して生徒に言わせます)and(ピンカを指して生徒に言わせます). Kinka’s(帽子を指します)is blue. 生徒が自分の役を覚え、先生も同じパターンを何回も繰り返すと、生徒にもそのパターンが使えるようになります。

 

Classroom Tip

After the Hello Song, use this Storytime video to introduce the Happy Valley 1 Unit 6 vocabulary and target language. Before playing the video, talk about the picture doing Picture Talk to see what students notice. After, play the Unit 6 chants and follow the lesson plan choosing an activity students would like as follow-up. By the 3rd or 4th lesson, you can do a rebus activity. Teacher leads students in telling/retelling the story by pointing to words students can say and then filling in parts in between. Look! It’s (point to Kinka for students to say) and (point to Pinka for students to say). Kinka’s (point to hat) is blue. Students will come to learn their role, and being mindful to repeat certain patterns will increase the likelihood that students will begin to use these patterns, too.

 

お家でのヒント

ユニット6のプレイリストを全部再生します。Hello Songの後にこのストーリータイム動画を使い、チャントアクティビティーのヒントに従ってユニット6Playing Dress-Upをもっと楽しみましょう!

 

At Home Tip

Play the entire Unit 6 playlist, using this Storytime video after the Hello Song. Follow the tips in the chant activities to have more fun with Unit 6 Playing Inside!

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter  メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

 

Tagged with:
Jan 22

onohara_jan22_flickrアメリカの大晦日の伝統はボールが落ちるのを観ることです。ニューヨークのタイムズ広場で行われる年越しのカウントダウンをテレビで観ます。集まっている人が10からカウントダウンします。大きなボールがゆっくりと棒を下がります。カウントダウンの最後に新しい年の数字がライトアップされ、皆が歓声をあげます。

A New Year’s Eve tradition in the US is to watch the ball drop. Most people watch on TV as a crowd in New York City’s Times Square counts down to the beginning of the new year. As everyone counts down from ten, a ball slowly goes down a pole. At the end of the countdown, the number of the new year lights up as the ball touches it, and everyone cheers.

Tagged with:
Jan 15

onohara_jan151977年生まれのトムハーディ―はイギリス人の俳優です。2001年のデビュー作「ブラックホークダウン」以来は最近の「ヴェノム」と「ダンカーク」を含んでたくさんの映画に出ています。テレビにも出て舞台でも演じます。1998年にコンクールに優勝して初めて俳優になりました。

Tom Hardy is an English actor born in 1977. Since debuting in Black Hawk Down in 2001, he has been in many movies, including recent films Venom and Dunkirk. He also acts on stage and in TV. He started acting after winning a contest in 1998.

Tagged with:
Jan 11

hv92cgoClassroom Tip

This is the second video in the Happy Valley Phonics Book 2 series. This chant from Unit 2 places minimal pair c and g, plus the vowel o into a chant for sound and first letter identification practice, building on the Phonanimals Song and Phonics Book 1. First, do picture talk to see what students notice and can find in the picture. Then, have students listen to Track 9 and point to the words in the song. Next, watch this video and encourage students to say the sounds and words. Give students flashcards and when they hear the word or sound they can bring them to the front and put them in order on the board. Move on to the Let’s Chant sticker activity on page 7. Then, students can ask questions before moving on. Using What is it? they can ask about other objects in the picture, and then tell you whether or not the word has the c, g, o sounds in it. Break the sounds down for them. Students ask What is it? pointing to cake. Teacher responds c-ake. Can they hear the c? If they can’t, it’s OK; have them say the c sound and keep trying.

 

教室でのヒント

フォニックスブック2の2つ目の動画です。ユニット2のこのチャントは、フォナニマルの歌と、フォニックスブック1に基づいた音と頭文字の区別を練習します。少しだけ違うミニマルペアの音「c」と「g」、母音の「o」をチャントで紹介します。まずは、絵の中で何をみつけられるかピクチャートークしてみましょう。次にトラック3を聴いて、歌に登場する物を指さしましょう。そのあとはこの動画を観て、生徒が音と言葉を言うように促します。フラッシュカードを配って、その音や単語が聞こえたら前にもってきて順番においてもらいます。ページ7のLet’s Chantステッカーアクティビティーをします。それからは質問タイムをとります。What is it?と言って生徒がお互いに絵にあるものについて質問します。c, g, oの音が入っているかどうかを判断させます。音を分けて言ってあげましょう。例えば、ケーキを指さして生徒がWhat is it?と質問します。先生は「c-ake」と答えます。cの音は聞き取れましたか?できなくても心配いりません。cの音を言わせ、また挑戦しましょう。

At Home

This is the second video in the Happy Valley Phonics Book 2 series. This chant from Unit 2 places minimal pair c and g, plus the vowel o into a chant for sound and first letter identification practice, building on the Phonanimals Song and Phonics Book 1. First, watch the Phonanimals Song video and do gestures. Then, watch this video and use gestures for the sounds and words. Use the free to download writing sheets on happyvalley.tv to start your child writing if they are ready for a quieter activity. Otherwise, pause the video with the three letters and objects showing and say c, g, or o. See if your child can draw the picture of the word with that sound. Then, have them say the word or sound and you touch the picture they drew that matches the sound or word they said.

 

お家でのヒント

フォニックスブック2の2つ目の動画です。ユニット2のこのチャントは、フォナニマルの歌と、フォニックスブック1に基づいた音と頭文字の区別を練習します。少しだけ違うミニマルペアの音「c」と「g」、母音の「o」をチャントで紹介します。まずはフォナニマルの歌を観てジェスチャーをしましょう。次はこの動画を観て、音と単語にジェスチャーを合わせましょう。 Happyvalley.tvにある無料ダウンロードのライティングシーツを静かなアクティビティーに使いましょう。静かすぎるなら、動画を文字と三つのアイテムで一旦停止してc, g, oのどれかを言いましょう。その音で始まるアイテムが描けるかな?次は、子供が音または単語を言って、保護者がその音・単語に合う子供が描いた絵を指さします。

 

English School owners! Register now for the School Owners SIG Mini-Conference in Osaka on January 20! Watch presentations and participate in discussions tailored to owners of English schools in Japan on topics such as hiring, marketing, advertising, taxes, and more.

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

Tagged with:
Jan 08

onohara_jan8ホットロッドとは何?美しくて速い車です。クラシックな車や最近の車をより速く走るようにエンジンを大きくしたり、ボディーを軽く改造したものです。最初のホットロッドは1930年代カリフォルニアでカーレースに使われました。1960以降は、改造しないでもそのままで速い車を買う事が容易になりましたが、趣味としてホットロッドを作る人はまだいます。

What is a “hot rod”? It’s a beautiful and fast car. Hot rods are usually classic or modern cars modified to go faster, with big engines and light bodies. The first hot rods were used for racing in 1930s California. After the 1960s, it became easier to buy a fast car without modifying it, but some people still enjoy the hobby.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: