Jan 30

onohara_jan30_flickrソーダ・ファウンテンはヨーロッパで開発されましたが、アメリカで人気になりました。冷蔵庫が出来る前の時代、1800年代初め頃にアメリカで初の店舗がオープンしました。冬の間に氷を貯蔵し、夏、飲み物やアイスを冷やしていました。現在ではソーダ・ファウンテンはガソリンスタンドやコンビニのセルフサービスとなっています。

Soda fountains were invented in Europe, but first became popular in America. Soda fountains first opened in the U.S. in the early 1800s, before refrigeration. People had to harvest ice in winter and keep it to cool drinks and ice cream during the summer. Now, mostly self-service soda fountains survive in places such as gas station convenience stores.

Tagged with:
Jan 26

hv70ijkClassroom Tip

This chant can be used with Happy Valley Phonics Book 1 to introduce or review the sounds i, j and k. Play the Phonics Song to review all of the sounds; then, use this video, having students do the gestures for the sounds i, j and k. Next, put gestures to the vocabulary: inchworm (bending finger like an inchworm), juice (action of pouring or drinking from a cup), and king (action like putting a crown on your head), and do the video again. Finally, see if students can say the chant along with the track. You can do this in several ways, focusing on them saying just the sounds, just the vocabulary, or all together. In big classes, you can ask half the class to do the sound and the others to say the vocabulary or just do the gestures at first. Whatever the size of the class, find places in the chant to repeat without the voice on the track, either saying the sounds or the words with the beats, and play around with it to see what works for you and your students!

 

教室でのヒント

今回のフォニックスチャントはフォニックスブック1と合わせて使えますが、i, j, kの音を復習するだけでも使えます。まずはフォニックスソングを再生してすべての音を一度復習しましょう。それからこの動画で生徒にジェスチャーをしてもらいます。次はボキャブラリーにジェスチャーを加えます。「インチワーム」はインチワームのように指を曲げます。「ジュース」はジュースを注ぐ、もしくはコップから飲むジェスチャーです。「キング」は王冠を頭の上に乗せるジェスチャーをします。もう一度繰り返します。最後に動画といっしょにチャントしてみましょう。何通りかのバリエーションがありますよ。例えば、音だけを言う、ボキャブラリーだけを言う、またはすべてのチャントに挑戦するなど。生徒数の多いクラスならば、生徒を2つのグループに分けて、音を言うグループとボキャブラリーを言う(もしくはジェスチャーをする)グループを作ってやってみましょう。ボーカルのない曲のところではビートに合わせて音または言葉を言ってみましょう。自分のクラスにあったやり方をみつけるために色々試してみてください!

 

At Home Tip

This chant can be used to introduce or review the sounds i, j and k. Play the Phonics Song to review all of the sounds; then, use this video, having your child do gestures for the sounds i, j and k. Next, put gestures to the vocabulary: inchworm (bending finger like an inchworm), juice (action of pouring or drinking from a cup), and king (action like putting a crown on your head), and do the chant again. Finally, see if your child can say the chant along with the track. You can do this in several ways, focusing on them saying just the sounds, just the vocabulary, or all together. Find places in the chant to repeat without the voice on the track, either saying the sounds or the words with the beats, and play around with it to see what works for you and your child. Looking through books or around your house, try to find these objects or other words starting with these familiar sounds. Throughout the day, try to find ways to build the sounds into what you and your child see around you. Familiar names are one of the easiest ways to help children identify sounds and make them personal. Personalizing creates a more emotional and thus deeper connection to what we learn.

 

お家でのヒント

今回のフォニックスチャントはフォニックスブック1と合わせて使えますが、i, j, kの音を復習するだけでも使えます。まずはフォニックスソングを再生してすべての音を一度復習しましょう。それからこの動画で生徒にジェスチャーをしてもらいます。次はボキャブラリーにジェスチャーを加えます。「インチワーム」はインチワームのように指を曲げます。「ジュース」はジュースを注ぐ、もしくはコップから飲むジェスチャーです。「キング」は王冠を頭の上に乗せるジェスチャーをします。最後に動画といっしょにチャントしてみましょう。例えば、音だけを言う、ボキャブラリーだけを言う、またはすべてのチャントに挑戦するなど。ボーカルのない曲のところではビートに合わせて音または言葉を言ってみましょう。絵本や家にあるこれらの物、同じ音で始まる物を探してみましょう。日常生活でこれらの音を周りで見かけるものの中から探してみましょう。よく知っている物を使うと自分と関連付けることが出来るのでとても良い方法です。自分と関係があると感じるとより深く学ぶことができます。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

Tagged with:
Jan 23

onohara_jan23落ち着いて集中できる状態だとより効率的に勉強できます。一つの方法は勉強前の短い瞑想です。インターネットやCDでガイドをみつけるか、やり方について調べてから静かな場所で自分で瞑想してみるといいかもしれません。

You can learn better if your mind is calm and focused. One idea is to do a short meditation before you study! Find an audio meditation online or on a CD to guide you, or just read about it and then try it on your own in a quiet place.

Tagged with:
Jan 20

happyvalleyyoutubescreenshot_edited3Be the first to know when a new Happy Valley video is posted! We bring you fun and educational videos for young English learners every other week, featuring both 3D and 2D animation; fun and useful vocabulary; our colorful English-speaking characters, Kinka, Pinka and all their Phonanimal friends; and phonics, the building blocks of reading.

 

Click this link to subscribe to the Happy Valley YouTube channel!

 

ハッピーバレーの動画がアップされたのを真っ先に知りたい!と思っているあなた!

ぜひチャンネル登録してください!英語を学ぶ子供たちの為に、楽しくて勉強になる動画を2週間おきにアップしています。3Dと2Dのアニメーション、楽しくて役に立つボキャブラリー、英語でおしゃべりするカラフルなキャラクターのキンカとピンカ、そして読み書きの基礎を学ぶためのフォニックスをフォナニマル達(フォニックスキャラクター)と一緒に楽しく学びます。

 

ハッピーバレー ユーチューブチャンネル登録はここをクリック!

Tagged with:
Jan 16

onohara_jan16_flickrSATとはアメリカ合衆国で大学入学のために受ける試験です。1926年に制度化されたSATの元の名前は「the Scholastic Aptitude Test(学術能力試験)」でした。生徒は読み書きと数学のテストを受験し、1600点満点で採点されます。今までに採点法は何回も変わっています。たくさんの大学を受験するために一つだけの試験を受けるという便利なところはありますが、各校の出願料を払い、エッセイなどを提出する必要があります。欠点は、1回切りの試験の重要性からくるストレスです。

The SAT is a test that students in the United States must take in order to apply for college. Created in 1926, its original name was the Scholastic Aptitude Test. Students are tested on reading, language and math, for a maximum of 1600 points. The scoring system has changed many times over the years. It may be convenient to take just one test for many college applications, but students must still pay application fees, write essays, etc., for each school. Also, the importance placed on a single test can cause stress!

Tagged with:
Jan 12

fgh phonics video screenshot教室でのヒント

今回のフォニックスチャントはフォニックスブック1と合わせて使えますが、f, g, hの音を復習するだけでも使えます。まずはフォニックスソングを再生してすべての音を一度復習しましょう。それからこの動画で生徒にジェスチャーをしてもらいます。次はボキャブラリーにジェスチャーを加えます。「花」は花びらのように指を伸ばします。「ゲーム」はトークンを動かすふりをします。「ハート」は手を合わせてハートの形を作ります。もう一度繰り返します。最後に動画といっしょにチャントしてみましょう。何通りかのバリエーションがありますよ。例えば、音だけを言う、ボキャブラリーだけを言う、またはすべてのチャントに挑戦するなど。生徒数の多いクラスならば、生徒を2つのグループに分けて、音を言うグループとボキャブラリーを言う(もしくはジェスチャーをする)グループを作ってやってみましょう。自分のクラスにあったやり方をみつけるために色々試してみてください!

Classroom Tip

This chant can be used with Happy Valley Phonics Book 1 to introduce or review the sounds f, g and h. Play the Phonics Song to review all of the sounds; then, use this video, having students do gestures for the sounds f, g and h. Next, put gestures to the vocabulary: flower (cup hands together with fingers straight up like petals), game (action of moving your piece on the board), and heart (make a heart with your left and right hands), and do the chant again. Finally, see if the students can say the chant along with the track. You can do this in several ways, focusing on them saying just the sounds, just the vocabulary, or all together. In big classes, you can ask half the class to do the sound and the others to say the vocabulary, or just do the gestures at first. Play around with it and see what works for you and your students!

 

お家でのヒント

今回のフォニックスチャントはフォニックスブック1と合わせて使えますが、f, g, hの音を復習するだけでも使えます。まずはフォニックスソングを再生してすべての音を一度復習しましょう。それからこの動画で生徒にジェスチャーをしてもらいます。次はボキャブラリーにジェスチャーを加えます。「花」は花びらのように指を伸ばします。「ゲーム」はトークンを動かすふりをします。「ハート」は手を合わせてハートの形を作ります。最後に動画といっしょにチャントしてみましょう。例えば、音だけを言う、ボキャブラリーだけを言う、またはすべてのチャントに挑戦するなど。

絵本や家にあるこれらの物や同じ音で始まる物を探してみましょう。

At Home Tip

This chant can be used to introduce or review the sounds f, g and h. Play the Phonics Song to review all of the sounds; then, use this video, having your child do gestures for the sounds f, g, h. Next, put gestures to the vocabulary, flower (cup hands together with fingers straight up like petals), game (action of moving your piece on the board), and heart (make a heart with your left and right hands) and do the chant again. Finally, see if your child can say along with the track. You can do this in several ways, focusing on them saying just the sounds, just the vocabulary, or all together. Looking through books or around your house, try to find these objects or other words starting with these familiar sounds.

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

 

Download our free app on your iPhone or iPad.

iPhoneまたはiPadをお持ちの方は無料アプリをダウンロードしてみてください!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

 

See our past newsletters on the Happy Valley blog!

ハッピーバレーのブログにニュースレターのバックナンバーがあります!

Tagged with:
Jan 09

9_Jan2/10まで入会金0円!!

全校で開催中!

随時無料体験レッスンを承っておりますので
お気軽にお問合わせください。

Tagged with:
Jan 09

onohara_jan9“The baseball game was canceled because it rained.”
“The baseball game was canceled because of rain.”
野球の試合は雨のためにキャンセルされました。

二つの文はほぼ同じです。二つ目の文では、「rain」が名詞なので「because」の後に「of」を入れます。一つ目の文では、「rained」は動詞です。「It rained」だけで文として成り立ちます。この場合は「of」を使いません。

These two sentences are almost the same. The second sentences uses “of” after “because”, because “rain” is a noun. In the first sentence, “rained” is a verb. “It rained” could be a sentence by itself. In that case, we don’t use “of”.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: