Aug 28

aug27-28hereyouarethankyou“Thank you” is one of the most important words to learn in order to get along with people in any language! Let’s practice how to give and receive politely in English with this week’s video.

どの言語でも人と仲良くするには「ありがとう」という単語がとても大切です!今週の動画では、礼儀正しく何かをあげる、何かを受け取る練習をしましょう。

Classroom Tip
“Here You Are, Thank You” is a song to practice Here you are. Thank you. You’re welcome. When you first introduce this song, pass around a stuffed animal or other object that students would enjoy. Doing so reinforces the situation in which we use such language. After, you can put gestures to the words, like extending your hand on Here you are or putting your hands together like in prayer for Thank you. On You’re welcome, place your palms on your chest near your heart. When you have students doing things in class requiring this language, hum the tune and/or do the gesture to remind them of the language they can use.

教室でのヒント
この歌は「はいどうぞ」「ありがとう」「どういたしまして」を練習するための歌です。初めてこの歌を使用する際は、ぬいぐるみなど生徒たちが喜ぶものを使ってこのフレーズを使う状況を作ります。そしてジェスチャーと言葉を合わせます。「Here you are」では手を伸ばして、「Thank you」では祈るように手を合わせて、「You’re welcome」では胸に手をあてます。今後の授業でこのフレーズを生徒に使わせる時は、このメロディーをハミングしたり、ジェスチャーをしたりして思い出させましょう。

At Home Tip
Do like a teacher would using the classroom tips as you watch. Then, when you are doing things like setting or clearing the dinner table, give or take dishes saying, Here you are. Encourage them to say Thank you and always return with You’re welcome. Not only can they practice English but they can also help you get the table ready or clean up.

お家でのヒント
動画をみるときは教室でのヒントと同じようにします。後で、お皿を出す時や片付けている時に、お皿を渡しながら「Here you are」と言います。「Thank you」と言うように促して、必ず「You’re welcome」を返します。英語の練習だけでなく、お手伝いもしてもらえます!

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
Aug 25

onohara_aug25“Be careful not to leave your purse in the taxi.”

The word purse can mean a wallet or a money prize, but in American English its primary meaning is a handbag, usually carried by women, in which they keep their wallets and other necessities.

「バッグをタクシーの中に忘れないように気を付けて」

Purseという単語には財布や賞金という意味がありますが、アメリカ英語では基本的に女性が持ち歩く財布や他に必要なものを入れたハンドバッグのことを意味します。

Tagged with:
Aug 21

aug20playingoutsideThis week’s video is a story! Kinka and Pinka are playing outside. Let’s practice talking about their toys and other things in the yard!

今週の動画はストーリータイムです!キンカとピンカが外で遊んでいます。おもちゃなど庭にあるものについて話しましょう!

Classroom Tip
Storytime 3 is a chance to introduce the language students will focus on in this unit, including; How’s the weather? It’s sunny/cloudy/raining and the colours red, yellow, green, blue. In addition, What is it? is reviewed, adding new toy vocabulary: bicycle, ball, and car. As with the Unit 2 Storytime, before playing the audio version on the CD, have students watch the video. Then, do as usual, playing the CD and pointing out the important vocabulary. In the following lessons, either play the video only or the CD only. Before playing, ask students to point to things or say what objects they know, then do it again after. This gives students a chance to talk and show you what they are understanding. From now, always point out the weather at the start of class, asking students How’s the weather? If they can’t yet say it, let them choose between two. For example, Is it sunny or rainy? Use the flashcards until they are confident with the vocabulary.

教室でのヒント
ストーリータイム3は、このユニットで使う英語、「どんな天気?」「晴れ・曇り・雨」と、色の「赤・黄・緑・青」を紹介してくれます。他にも「これは何?」の復習用に、おもちゃのボキャブラリー「自転車、ボール、車」を追加。ユニット2のストーリータイムと同じように、CDを流す前に動画を観ましょう。その後にいつものようにCDをきいて、重要なボキャブラリーを指さします。次回のレッスンでは動画またはCDのどちらかだけを使います。再生する前に、生徒たちに知っているものを言ったり、指さしたりさせます。動画またはCDをきいた後に、もう一度知っているものを言います。こうすることによって生徒に話すチャンスを与え、どれほど理解しているかを確認できます。これからは、毎回授業が始まるときに天気のことを言及し、生徒に「どんな天気?」と尋ねましょう。まだ言えないようなら、2つある選択肢の中から選ばせましょう。例えば、「今日は晴れですか?雨ですか?」と言います。ボキャブラリーが身に付くまではフラッシュカードを使いましょう。

At Home Tip
After playing the Hello Song, open the Happy Valley Student Book 1 to Unit 3 Storytime. Watch the video and then point to the objects they saw in the cartoon. Say the toys, count the flowers, identify the colors on the page and point out that the weather is cloudy. Comment on the weather where you live and point to the sky for them to see. While your child may not be able to say the new words at first, after a few times, they will be able to identify the objects. Turn to the next page and point to the same objects. Then, do the homework.

If you are not using the book yet, just listen to the story. Ask your child to find similar objects in or around their house. Say the colors, count objects try to find other objects of the same color or number. Talk about the weather each day. Ask your child, How’s the weather? If they can’t yet say it, let them choose between two. For example, Is it sunny or rainy? until they are confident.

お家でのヒント
ハローソングを歌った後に、スチューデントブック1のユニット3、ストーリータイムのページを開きましょう。まず動画を観て、その後に見たものと同じ物を指さしましょう。おもちゃの名前を言って、花を数えて、色を言って、天気は曇りと言います。今どんな天気かを言って、空を指さします。最初のうちは新しい単語が言えなくても、何度も繰り返すと覚えます。次のページにある同じ物を指さして、それから宿題をします。

まだスチューデントブックを使用していない場合は、ストーリーをきくだけで大丈夫です。家の中や周りある同じ物を子供に探させましょう。色を言って、物を数えて、同じ色や数の物を探します。毎日天気の話をして「どんな天気?」と尋ねましょう。まだ言えないようなら、自信がつくまで2つある選択肢の中から選ばせましょう。例えば「今日は晴れ?雨?」など。

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
Aug 18

onohara_aug18“How big of a dog can you get? Your apartment is pretty small.”
“How long of a drive is it to your parents’ house?”

It would be correct to say “how big a dog” or “how long a sandwich”, but it’s common to hear “of” in these phrases. However, it’s best to avoid using it in formal speech.

「どれくらい大きい犬なら飼える?アパート狭いでしょう?」
「親の家までどれくらいかかる?」

of を使わなくても正しい(むしろ使わないほうがより正しい)ですが、よく of を含んだフレーズをききます。ですが、フォーマルな場面では避けたほうがいいです。

Tagged with:
Aug 08

お盆用(ブログ)お盆休みのお知らせ

8月9日~16日の間、レッスン並びに受付業務はお休みとなります。
ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

Tagged with:
Aug 07

aug7howareyouAsking “How are you?” is a great way to start a conversation. Let this week’s video show you how to ask and several different ways to answer.

「お元気ですか?」と訊くことは会話を始めるのにとても役に立ちます。今週の動画で訊き方と色々な答え方を見てみましょう!

Classroom Tip
Here is another important function for our students to learn in English. Sing and dance along with the video. After, everyone can make different faces and ask and answer about how they and their classmates are. Or line the flashcards on the board and let students choose the one representing how they feel. Many students choose grumpy, even if they aren’t, because it is funny and they like to do the gesture for it. Another idea, for older kids, is to print out pictures of kids doing things like eating ice cream or crying. Have students say the emotion they feel when they see the picture. For example, showing the ice cream picture, ask if students are sad when they eat ice cream. Students will likely say, “No! Happy.” Then all the students can pretend to eat ice cream, asking and answering with, “How are you?” “I’m happy.”

教室でのヒント
今週も英語の大事な機能を生徒たちに学んでもらいましょう。動画を観ながら歌って踊りましょう。その後に、それぞれ大げさな表情を作って How are you? とお互いに尋ねましょう。又は、フラッシュカードを壁やホワイトボードに並べて、今の気持ちのカードを生徒たちに選ばせるのも良いでしょう。別に不機嫌ではないのにジェスチャーが楽しくて面白いので「grumpy」を選ぶ生徒が多いです。少し年齢が上の生徒には、アイスを食べたり、泣いたりしている子供の画像をプリントして、この絵を見てどのような感情になるかを言ってもらうことができます。例えば、アイスの絵を見せて、アイスを食べるときって悲しいの?と尋ねます。「違う!嬉しい!」と生徒は答えるでしょう。そしたら、皆でアイスを食べるふりをして、How are you? と I’m happy の練習ができます。

At Home Tip
Sing the song and dance along. Then, make different faces for your child to copy or copy their faces. For example, make a happy face and say, “I’m happy.” When you notice your child’s mood changing, give them the language they need to say it in English. Encourage them to repeat, “I’m hungry” and the other feelings when they feel them. This is will help them to make the language personal and brings it into their daily life at home.

お家でのヒント
動画に合わせて歌って踊りましょう。次に、大げさな表情を作って子供に真似させる、又は子供の表情を自分で真似します。たとえば、嬉しい表情で「I’m happy」と言います。子供の感情がわかれば、その感情を表す英語を教えましょう。例えば、お腹が空いたときに「I’m hungry」と繰り返し言いましょう。こうすることで、日常生活や自分の事が英語と繋がります。

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
Aug 04

onohara_aug4Look into an American elementary school and you might see some school-themed decorations. They have pictures of pencils, rulers, books…and apples? What do apples have to do with school? A cartoon of a teacher’s desk often has an apple on it. Students giving apples to teachers is a traditional image, although not common now.

アメリカの小学校を覗いてみると、学校をテーマにした飾り付けをしているかもしれません。鉛筆、定規、教科書…りんごの絵?りんごと学校はどのような関係でしょう?マンガなどではよく先生の机の上にりんごが置かれています。現在ではあまりないですが、生徒が先生にりんごをあげるという昔ながらのイメージがあります。

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: